支払う保険料が安くなるケース

保障の範囲となる人数や年齢

自動車保険を安くする方法の一つとして保障される人や年齢を限定するという方法があります。自動車保険の運転者の年齢に関してはさまざまな年齢が設定できますが、基本的に保障する年齢を限定していけばいくほど保険料は安くなります。例えば家族で車を所有していて親以外誰も車に乗らないのであれば、親の年齢に設定するだけで保険料をかなり安くすることが可能です。運転者に関しては家族全員に設定したり、本人と配偶者に設定したり本人のみに設定したりすることができます。こちらも同様に保障される対象者を少なくしていけばいくほど保険料は安くなります。一度契約内容を確認してみて保障の範囲が必要以上に広くないか確認してみると良いでしょう、

その他の割引を利用する

その他、契約時にさまざまな割引が設定されていることが多いので、割引の規定を満たす事でも保険料を安くすることができます。例えば運転免許証の色がゴールドの人が契約をした際にはほとんどの自動車保険でゴールド免許割引が適用されます。その他、すでに加入している自動車保険に翌年以降も加入し続けることによって継続割引が適用されることもあります。継続割引は契約年数が長くなればなるほど割引率も高くなることが多いです。また、契約の更新時にも30日常前に更新することによって早期割引を受けることが可能です。これらの割引の中でも最も割引率が高いのがインターネット割引です。インターネットで契約をするだけで新規契約の場合、10,000円前後も安くなることがあります。