運転者本人を対象とした交通損害保険

歩行者として交通事故に遭ったときに補償

自動車保険の任意保険に加入する目的は様々ですが、より補償を厚くしたいならいろいろな補償を付けると良いでしょう。その一つとして交通損害保険があり、運転者が加入するといろいろなケースにおける損害時に補償を受けられます。通常自動車事故で補償を受けるのは自分自身が自動車を運転しているときになるでしょうが、それ以外に自分自身が歩行者として交通事故に遭ったときに一定の補償が受けられます。事故が起きた時に相手が明確であれば相手から補償をしてもらえますが、相手がいない交通事故もあれば相手に損害を請求できないときもあるでしょう。自分で入っておけば、相手がいなくても相手が払ってくれなくても自分で治療費などを工面できます。

鉄道や飛行機の事故で補償をしてもらえる

自動車に乗る人は必ずしも自動車のみで移動するわけではないでしょう。自動車も運転すればバスにも乗るでしょうし、鉄道や飛行機などの利用もあるはずです。自分で自動車を運転しているときの補償は搭乗者保険などで賄えますが、バスや鉄道、飛行機などで発生した障害に関しては通常の自動車保険では補償してもらえません。交通損害保険は日常生活における交通手段の利用で起きる損害の補償をしてくれます。自動車事故でしか補償してもらえないように感じますが、鉄道や飛行機など自動車以外のトラブルでも補償が受けられます。鉄道に乗っているときにけがをするときもありますし、駅のホームで躓いてけがをするときもあります。それらの時に補償が受けられる保険になります。