被害者の負傷度合いにより金額が異なる

負傷によって生じた損害に対して損害賠償できる

自動車は公道と呼ばれる道路上を走行します。公道を走るときはルールに従って走るため、すべての人がルールを守っていれば理論上は事故は発生しません。ただ一部にルールを守らない人がいて、その人との接触で事故に遭う可能性があります。また互いにルールを守ろうとしながら、ちょっとした感覚のずれで事故になるときもあります。安全運転をしているから事故を起こさない、事故に遭わないわけではありません。一応自動車の保有に当たっては自動車損害賠償責任保険は必ず加入をします。事故が発生して相手がいるとき、相手に損害が生じているときに相手の損害の状況に応じて保険金が支払われます。相手の損害の基本は負傷の度合いになるでしょう。

上限以内での補償が行われる

自動車を保有する時には必ず自賠責保険に入らなければならず、必要に応じて任意保険にも加入します。自賠責に入っていれば任意保険は必要ないように感じますが、実は自賠責は補償に上限が設けられています。一応相手の負傷度合いによる損害に応じて補償を行いますが、相手が亡くなったとき、高度障害が残ったとき、それ以外のけがをしたときで上限までの支払いになります。相手が亡くなったときは3千万円まで補償してもらえますが、それ以上補償が必要になるときは自賠責では対応できません。上限以上の損害賠償に対応できるよう任意保険にも加入しておきます。相手にどんな損害を与えるかは事前にわからないので、できるだけ補償ができるよう準備をしておく必要があります。