自動車損害賠償責任保険とは

自動車損害賠償責任保険とは、自動車を運転する人が必ず加入する保険です。交通事故において、歩行者などが怪我をした場合に支払うべき補償金としての意味合いがあります。被害者の怪我の度合いに応じて、支払われる保険金はそれぞれ異なります。

被害者の負傷度合いにより金額が異なる

自動車は公道と呼ばれる道路上を走行します。公道を走るときはルールに従って走るため、すべての人がルールを守っていれば理論上は事故は発生しません。ただ一部にルールを守らない人がいて、その人との接触で事…

詳細はこちら »

運転者に対する補償はあるのか

自動車損害賠償責任保険とは、別名自賠責保険と言われている自動車保険です。自動車だけではなく、原付でも公道を走る場合には必ず加入しなければいけません。強制保険といわれるゆえんです。共通しているポイン…

詳細はこちら »

事故対応に安心をプラス!自動車保険の弁護士特約

交通事故に遭ったとき、自動車保険に弁護士特約が付いていれば判例を基準に示談交渉が進められるため、保険会社基準より有利な補償を得られるケースがあります。

任意保険の種類と支払う保険料

交通事故における人的被害のみを補償する自動車損害賠償責任保険に対して、通常ではカバーできない事故などに対応する任意保険があります。運転者本人や相手の自動車などを傷付けた場合に、補償を行うことを目的とし、民間保険会社から独自の商品が販売されています。条件によっては、月々の保険料が安くなるケースもあります。

自賠責保険の未加入が発覚した場合は

1年以下の懲役または50万円以下の罰金!

自賠責保険は、事故が起こったとき被害者を最低限補償する目的で、自動車損害賠償保証法という法律により、公道を走るすべての車などに加入が義務づけられています。義務づけられているにもかかわらず、つい期限が切れているのに気がつかず、自賠責保険未加入のままになることがあります。それが発覚すると、罰則が1年以下の懲役または50万円以下の罰金、違反点数は6点で、一発免停になります。 もし自賠責保険に加入していない状態で、交通事故の加害者になったらどうなるのでしょうか。そのとき、もし任意保険に入っていれば、自賠責保険で払われるはずの保険金の金額を差し引いた額が被害者に支払われます。しかし、自賠責保険に入っていれば出るはずだった保険金の金額は、加害者本人が被害者に支払わなければなりません。そうすると、不注意で自賠責保険に入るのを忘れていたがために、数百万円や数千万円という損害賠償を負うことになります。

自賠責保険の有効期限を確かめて!

そうならないためにも、自賠責保険の期限はいつなのか、自賠責証明書に記載されている有効期限を確認しておきましょう。また自賠責保険が切れる頃になると、保険会社などから期限切れの通知が来る場合があるので、気をつけて見るようにしましょう。自賠責保険が切れたら更新するのではなく、切れる前に更新することが大切です。車検のときは、自賠責保険に加入してから車検を通します。新車を購入した時に車検の有効期限が3年(36ヵ月)だった場合、自賠責保険を1ヵ月増やして37ヵ月分の契約とし、次回の車検時に自賠責保険が切れないようにするのが一般的です。また、車やバイクを他人に譲渡したとき、自賠責保険の義務は自動的に譲渡されないため、自賠責保険の名義変更の手続きをする必要があります。